←↓↑→BjeLeFcleu←↑↓→

スピリチュアルとか、絵とか、音楽とか、ゲームとかの話。基本的に作る人視点。マニア向け。

【小物】一人暮らしをする人に向けた買い物のススメ【インテリア】

なんとなく思いついた。

 

筆者は一人暮らしをして3年目。

ついでに、散在癖が強い。

 

しかし、筆者は資源の無駄遣いというものが大嫌いである。

 

どっちやねん。

 

ということで、

「これ買ったけど結局使わなかった」

っていうのを世の中から少しでも減らすために、こんなの書いてみようと思う。

 

 

「一人暮らしをはじめるぞ!」

そう思った人が、まず欲しいなと思うのは家具。

できれば自分好みのテイストで、長く使えて、オシャレで……そう思うだろう。

 

しかし。

 

一人暮らしというのは、色々と制約がある。

今お気に入りの部屋に住んでいても、次引っ越す部屋は家具が配置できないかもしれないのだ。

 

「俺はしばらく引っ越さないよ、条件もいいし」って思うかもしれない。

 

しかし、どうだろう?

こんなことがあったら。

 

・メンヘラや変な人にストーカーされる

・隣人がごみをベランダに捨て続ける

・近隣住民が監視してくる

・ネットで炎上して特定される

・職場が急に変わる

・町の治安が悪い

住んでいるうちに何があるかはわからない。

引っ越したい気持ちは突如やってくるかもしれない。

だから、できるだけフットワークの軽い荷物にしておいて損はない。

 

基本法

・最低限だけ買って、必要になってから揃える

・捨てにくいものは慎重に買う

・書類をわかりやすくまとめる(必須)

・いきなり完璧な部屋にしようとしない

・あとで運ぶことを考える

 

 

一人暮らしで優先するべきと私が勝手に思っているもの

 

◆害虫対策グッズ

特に、夏ごろ引っ越す人は絶対に要る。

事前対策グッズは比較的安いが、対処をするためのアイテムは高いので、対策しておいたほうが安上がり。

 

窓を開けて換気したいな~と思ったときに、害虫対策ができているかできていないかで安心感がだいぶ変わるものだ。

ホウ酸ダンゴとかがいい。アマゾンレビューを見て考えよう。

家の近くに植物や飲食店が多いなら、彼らは絶対にやってくる。

気を抜いたら沸くので気をつけよう。

 

◆書類をわかりやすく仕舞えるもの

引っ越しをするときの賃貸の書類とか、市役所からきた書類とか、年金とか、支払いとか、火災保険とか、仕事の書類とか。

一人暮らしをすると、たとえあなたが欲しくなくても、さまざまな書類をたくさん貰えるようになる。

賃貸に関するものは、ひとつのところにまとめておこう。

インターネットやスマホ関連の契約書類もひとつのところにまとめておこう。

いざという時によくわからないパスワードを求められたりする。

保証書まとめフォルダみたいなのもあると便利。保証書は一通り取っておこう。

 

支払い用紙とかもなくさないように。筆者はよく無くすが、無くしてもいいことはない。

 

どれだけ部屋をおしゃれにしても、書類からは逃れられない。

書類が大量にくることを前提にインテリアを組もう。

 

◆合鍵

早めに合鍵を作っておこう。自分の部屋に入れない悲しみを知る前に。

筆者はそそっかしいのでこういうのを持っているが、鍵を無くすことがなくなったのでハイパー便利。100均でOK。

 

www.monotaro.com

 

◆調理道具

凝ったいい調理器具を持ちたい人もいるだろう。

100円の包丁でOKな人もいるだろう。

しかし、一人暮らしをしていると、ストレスがMAXの状態がかならず訪れる。

仕事、人間関係、恋愛などで疲れているときに、代わりにご飯を作ってくれる人はいないのだ。

 

食器の洗い物ができていないまま出勤して、そこで目いっぱい働いて、流れで飲み会に行って、深夜にべろんべろんになりながら帰ってきたときに、食器を洗ってくれる人はいないのだ。たとえ明日が早朝出勤でもだ。

 

だから、ストレスがMAXでも使えるくらいの、手間がかからなくて便利でほどほどに安く、軽くて洗いやすいものがおすすめ。

 
☆まな板

まな板はシンクの上を覆えるくらい大きいものが良い。調理中のスペースが増える。

まな板なんてどうでもいいと思うかもしれないが、まな板が狭かったり滑りやすかったりすると、びっくりするくらい食材を落とす。

料理しづらいと、ストレスが溜まってるときに外食が増える。

ストレスフリーで料理できる環境を作ろう。

 

特に、一人暮らしのお供であるカレーを作ろうとしたとき、にんじんやジャガイモ、たまねぎなんかを切っていると、包丁の狭さにマジで腹が立ってくる。

イライラ棒をやっている気持ちになる。

なので、収納スペースやシンクの大きさと相談して、大きいものを買いましょうね。

 

うちではヒノキのを使っているけれどプラスチックよりも使いやすい。

カビそうなところに住んでいるなら、白いプラスチックのもののほうがいいと思う。

ペラペラのやつは使いづらいのでやめておこう。ペラペラなゆえ、場所をとる。

 

☆包丁

100均の包丁は、すぐ切れなくなるので逆に手間がかかる。

2000円くらいのものをアマゾンレビュー読みつつ探そう。

100均で買うべきは砥石。砥石が一個あるとだいぶ楽。

 

包丁の切れ味なんか気にしない?

切れ味が悪いと、たまねぎを切るとき、目が痛くなる物質が大量に出る上、時間もかかるけど本当にいいのか?

 

よっぽど刃物が好きで手入れが苦にならないのなら、職人のものを買ってもいいけど、どうせストレスが溜まったときに放置しちゃうと思う。

ストレスがまったくない人は、良い包丁を買おう。

 

☆食器

カタログを見てたら、おしゃれな食器を並べたくなるのもわかる。

が、買って使いづらかった場合、どうせ使わなくなる。

必要ならあとで買い足せばいいので、最初に必要なものだけ買おう。

 

↓最低限の食器

スプーン、お箸、フォーク

どんぶり1個、野菜炒めが1個入るくらいのお皿1個

 

正直これだけでなんとかなる。

お皿がたくさんあると、洗い物と場所が増えてめんどくさくなるだけだ。

あと、「おかずを大量に作ってしまう散財」がなくなる。そんなのないと思うだろう? あるんだな~これが。

 

焼き魚とハンバーグと野菜炒めを同時に作ってしまって、食べ切れなくて結局最後のほう若干腐ったりして、お金も食材も勿体無いことになってしまう。あ~。

なので食器は最低限のほうがいい。「場所をとらない」というのは本当に大事。

 

異性を部屋に連れ込む予定があるなら、食器をもうワンセットくらい用意しておこう。

お皿が質素だからという理由で嫌がるような異性はそのへんに捨てればOK。

ついでにプリンが作れる耐熱性のお皿でも買って、食後にプリンでも振舞えばいいんじゃないだろうか。

牛乳と卵と砂糖を混ぜてチンしたものを冷蔵庫に放り込んでおくだけ。たぶんモテる。余裕があるならソースも作ってデキる男(女)を見せ付けよう。

 

材質も大事。プラスチックのお皿だと、油がこびりついて洗いづらい。

皿の重さも重要で、あんまり重いと洗うときめんどくさい。使いたくなくなる。

だから100均はあまりよくない。100均でお皿を買い揃えてもどうせ使わなかった筆者が言うんだから間違いない。

 

コレールの皿がとてもちょうどいいんだけど、強化ガラスなので、いつ爆発するかわからない危うさを持っている。

どんぶりと、炒め物の入る皿があれば十分。

炒め物よりもでかい皿を買うと、机のスペースを取るので、ある程度の大きさがちょうどいい。

小皿はいらない。わざわざ沢庵とかを小皿に盛って一汁三菜を楽しむような風流な人じゃなければいらない。

 

味噌汁飲む人は味噌汁椀を買うといい。

これも、ちょっとお金出して、木製のを買ったほうがいい。

プラスチックだと熱伝導の問題で熱いし、耐久性もあってか運びづらい。どうせ買い換えたくなると思われる。

 

人によっては紙皿と紙コップを使う人もいる。洗わなくていいから楽ちん。

個人的には、あまり資源を使いたくないので微妙。便利そうだとは思う。

 

☆タッパー

どうせ小さいものはあまり使わないので、大きいものを2個くらい買って様子を見よう。冷蔵庫のサイズとも相談して。

密封パッキンがついていたり、横にしてもこぼれづらいものだと吉。弁当箱にもできる。

 

☆鍋、フライパン

作り置きすることが多くなるので、大き目を買おう。

しかし、重すぎたりデカすぎたりすると、シンクの場所をとって洗いづらかったりするので、軽めでシンクの大きさにあっている程度のサイズが良い。

かわいいのが欲しいかもしれないが、かわいいのはどうせ汚れる。

 

あと熱伝導とか色々あるのか、妙に使いづらかったりする。我が家のかわいらしい黄色い鍋は、結局お蔵入りしてる。

普通のやつを汚さずに使えたらかわいいのを買おう。

 

人体にアルミを摂取してしまうことを気にしない人であれば、アルミ鍋は便利。ラーメンが作りやすい。お湯がすぐ沸くし。

でも筆者はアルミ害を気にするので使ってない。

 
☆冷蔵庫

予算が許すなら、大きいのがいい。

作り置きが捗る。お米も、虫の害を抑えつつ安全に仕舞える。

ペットボトルを米びつにするための、「米びつろうと」が便利。カラーバリエーションが複数ある。

 

カレーや味噌汁が入った鍋をそのまま冷蔵庫にぶちこんでおけると最高に便利。

冷凍庫が大きいと、しいたけ栽培キットで自家栽培した大量のしいたけを冷凍したり、炊いたお米を冷凍保存しまくるということができる。

肉が好きな人なら、業務スーパーで大きいブロック肉を買って、解体して冷凍保存ということもできる。

 

小さい冷蔵庫が付属している賃貸もある。

小さい冷蔵庫は、アイスクリームや葱が仕舞いにくい。

が、狭さの限界に挑戦するのも面白いと思う。テトリスのように食材をきれいに詰めて遊ぼう。

 

☆電子レンジ

個人的には絶対に欲しい。

大手すぎない中堅メーカーのものを買うと、予算を抑えつつ機能性を手にすることができる。

筆者は中古で山善の4000円くらいのを買ったが、全然困ってない。

あんまり多機能は要らないと思うが、壊れやすいのは買わないように。

アマゾンレビュー以下略。

 

あと、シリコンでできた、野菜をチンするだけで温野菜になるやつがすごい便利らしい。温野菜食べたい人は導入するといいかも。

 

☆ガスコンロ

賃貸によっては必要。

ガスの種類が地域によって違うので、通販で買う場合は絶対に間違えないこと。種類が違うと使えません!

サイズもちゃんと測ろうね。

(最悪フリマアプリに出品すればなんとかなるが、送料が高い)

 

あと、引越しの際、こんな便利アイテムを買ってもらったんだけど、これもめちゃくちゃ便利。やばい。

item.rakuten.co.jp

 

コンロを置く場所の間取りを考えて買うこと。

例えば、右の火力が弱いコンロを使うなら、右が壁に面しているほうがいい。

火力が強いほうを壁に面させると危ない。

 

以前は一口コンロの物件に住んでいたけど、料理をする人には耐え難く不便。

味噌汁を作りながら炒め物ができない……といえば、その苦痛がわかるだろうか。

グリルつき2口コンロ使ってるけど、あんまり不便はない。

さらに、一定の分数を超えると自動的に火が消えるタイマーもついている。これがすごい便利だ。

買おうとしていた頃はデザインに拘ってたけど、なんだかんだ長く使うことを考えたら便利機能を優先しておいてよかったなーと今になって思う。

 

☆ご飯を炊くためのもの

炊飯器は絶対に必要なものではないと思う。

何故なら、人によっては土鍋を使うからだ!!

 

炊飯器が欲しいなら、新品で買うより、ジモティーとかでもらえるのを狙ったほうが良いと思う。

だって、一度お古を使ったほうが、自分の欲してる機能がよくわかるし……。

ちなみに筆者は電気の圧力鍋を使っているので炊飯器は持っていない。

米食をすることがあるので、普通の炊飯器だと、炊くのがちょっと難しいのだ。玄米モードついてる炊飯器はめっちゃ高いし。

 

圧力鍋だが炊飯器と同じように使える。圧力鍋なので、栄養を飛ばさずに温野菜も作れる。

保温できる時間が10時間くらいで短いけど、冷蔵庫に入れればいいので保温はいらないと思う。

しいて言うなら酵素玄米が作れないことが不満だけど、炊飯器持っててもどうせ作らない。

 

 
☆調理小物

100均はよくない。

菜ばしでつまんだおかずから、若干の苦味がしたりする。

 

優先するのは、丈夫で洗いやすいこと。

おたまで例えると、もち手と金属の間のところに、カレーのルー的な液体が溜まりやすい。

つなぎ目がないものは若干高いけど洗いやすい。

そういうのを考えて買うといいと思う。

あとは、炒め物用のヘラはいる。耐熱性が強く長めのものが良い。竹がおすすめ。もっといいのあるかも。

 

スポンジや洗剤、ラップの類は、結局いいものを買ったほうがコスパが良い。

とはいえ、安いものを使ってみてから高いものを使うことをお勧めする。

特に、5個で100円のスポンジから、1個で200円のスポンジに乗り換えると感動する。耐久性が違う……。

 

とりあえず、なしで生活してみて、本当に必要なものだけを揃えたほうが良い。

いきなり全部買い揃えたくなる気持ちは筆者も持っている。そして後悔した気持ちも覚えている。

 

うちではジップロックなどは使ってない。使ったのを洗って干すのが面倒なため。

得意な人なら使いこなせると思う。

 

トースターは正直すぐにはいらないと思う。食パン食べまくり人間だったら要るかも。

 

◆掃除グッズ

掃除しないと虫が沸く、これ地球の摂理。

ということで、必要な掃除グッズ。

 
☆掃除機

狭いワンルームなら要らないが、少し広い部屋になってくると欲しいところ。

あんま安すぎたり小型すぎたりすると不便だと思う。

小型は便利そうに見える。が、結構使いづらかったりする。掃除できる範囲が結構限られるし。

長いノズルというのは本当に便利。アタッチメントも便利。

 

普通に使えて壊れづらいものをアマゾンレビューを見て買おう。

拭き掃除で十分だから掃除機はいらないと思うかもしれない。

が、掃除機は虫を吸い込むことができる!!

さっきから虫にこだわってると思われるかもしれないが、一人暮らしにおいて、虫が家に出たときの不安はすごい。逃げ場がどこにもないのだ。対処するのはあなたであり、私なのだ。合掌。

 

とりあえず掃除機は便利。

ちゃんと対応する掃除機のパックを買っておこう。(自分への戒め)

 

☆コロコロ

あれの正式名称がわからない。

こういうところをケチって100均で買うとえらい目にあうので気をつけよう。

安いコロコロは、ぺりぺりめくって剥がすということができない。100均のラップと同じくらい使いづらい。注意しよう。

 

フローリング用とじゅうたん用があって、じゅうたん用のものでフローリングを掃除しようとすると床にベローンと貼りつく。

が、じゅうたん用のコロコロでも、寝具などを一度コロコロして使えば、粘着力が押さえられて、フローリングにも使えるようになる。

コロコロを立てられるケースがついてると最高。

 

☆他

あとは生活スタイルに拠る。

雑巾がけしたい人は雑巾で床拭けばいいけど、クイックルワイパー派もいるだろうし、使い捨て床拭きシートで床を拭きたい人もいるだろう。

楽なのを選べばOK。

 

☆水周り

水周りの掃除をしないと、悪霊がたくさん沸くので注意。

霊の存在を信じてなくても、あまりいいことはないので掃除しておいたほうがいい。

よくわからんものに憑依されると、異常に食欲が沸いて食費がかかってしまったりする。

 

トイレを拭いたあと流せる掃除シートが便利だと思う。

あとは、風呂掃除のためのもの。できたら取っ手が長いブラシとかのほうが掃除するときに便利。

立てかけられるし、干しやすい。

スポンジ単品のものは、地味に置き場に困る。

 

☆女性のやつ

生理用品を捨てるためのものがどうしても必要になる。

たまに、ゴミ捨て場のごみを漁って使い捨て生理用品を持ち去る人がいるらしいので、あまりわからないように捨てたほうが良いと思う。

あと、一応、部屋に男性を連れ込むことを想定して、ゴミ箱の位置を決めよう。

頻繁に捨てること。ちょっと汚い話になるので反転→、夏場ゴミ箱に放置するのは絶対にやめたほうが良い……。

 

◆寝具

 

寝具は欲しい。

しかし、予算をかなり持っていかれるのである。

 

ベッドフレーム・マットレス・シーツ・枕・枕カバー・掛け布団・毛布。

これだけでまあ、最低2万はいくよね。普通に。

布団派の人もいる。

友人の家のせんべい布団で寝たことがあるけど、すごく背中が痛かったことを覚えている。

結局布団もいいものを買うと金がかかるということだ。

じゃあソファーベッドにしよう!と思うかもしれないが、ソファーベッドもそれはそれで不便らしい。(使ったことないからわかんないけど)

 

ここで救世主が現る!

 

寝袋

 

今、アマゾンを見たら大体1500円~3000円くらいだった。

もちろん、もっと高いグレードのものもある。

しかし、「まあまあ快適な睡眠」を目指すなら、良いかどうかもよくわからないベッド一式をいきなり買うより、寝袋で様子を見たほうがいいのではないだろうか?

 

さらに、寝袋だけでは背中が痛いらしいが、下にマットを引けば、十分快適らしい。

寝袋とマットのみで、枕と敷布団と掛け布団を全部コンプリートできるのだぞ。

 

ベッドや布団は、一度買うと場所をとるし、もし要らなくなったとき、捨てることが非常に困難だ。

しかし、寝袋のすばらしいコスパのよさよ。

場所をとらない・お金がかからない・後からベッドを買い足してもOK・仕舞える・来客が来ても使える。

デメリットといえば、にゃんにゃんできないことくらいか? それは知らん。

 

もしベッドを買いたいのであれば、収納スペースがついてるものがいいと思う。

ベッドの下をデッドスペースにするのは非常に勿体無いと最近ようやく気づいた。

 

◆机

 

机がないと、ご飯を床で食べることになる。

なんだかサバイバルな気分になれる。

しかし、それでは肩が凝るし、不便だ。書き物もしづらいし、パソコンをしょっちゅう使う人にはありえないだろう。

 

一人暮らしの部屋にお邪魔して、個人的に一番よく遭遇した机が、折りたたみ式の小さいテーブルだ。

確かに便利そう。景観はあまりよくないが、ちゃぶ台にはいいと思う。

 

あと、一度ガラステーブルを使ったことがあるけど、あれはやめたほうがいい。あの上で書き物をするとガリガリしてすっごい書きづらい。

夏になると、テーブルと接触している部分が汗でヌメヌメして意外と不快。

重いし持ち運びしづらいし、なにか置くたびにカツンカツン鳴る。なんかやだ。

付き合うと手間がかかるが見た目だけはいい女のような存在。

 

筆者は、最近ようやくジモティーで机を手に入れた。

木製のオフィス机だ。引き出しもついている!

パソコンのディスプレイの前にMIDIコン(音楽制作用の鍵盤)を置いて、その前にPCのキーボードを置いている。

DTMをする予定のある人は大きめの机にしよう。

そうでなければ、机はそこまで大きいのは要らないと思う。

 

机は綺麗に使おう。家具は綺麗に使えば高い値段で売れるので、カバーの類にお金を掛けることをおすすめする。

筆者はカバーの重要性を知らずにいたので、強調しておく。カバーは大事。

 

◆パソコン周辺

 

要らない人は要らないんだろうけど、必須の人にはとことん必須なパソコン。

筆者ももちろん必須な人だ。ブログを書いたり、LOLをしたり、Steamで遊んだり、LOLをしたり、LOLをしたり、Steamで遊んだり……(おい)

スマホで十分と言われるときもあるけど、なんせ肩が凝る。目が疲れる。マルチタスクがしづらい。

そりゃあ無限に健康でいられるならスマホで十分な時もあるけどさ。

 

ということで、パソコンの周辺機器のお勧めを書く。

筆者はノートパソコンのことはよくわからないので、デスクトップを前提に書く。

 

パソコンを置く位置は、窓の前は避けたほうがいい。

時々逆光で見えづらくてまぶしいからだ。影のあるところにしよう。

 

パソコンを設置する前に、机の上に透明なデスクマットを引くことを勧める。

すると、重要書類が挟めるので、無くさなくて便利らしい。机も保護できる。

(うちではまだ導入していないが、導入予定)

 

マウスとキーボードは無線にしておこう。線が減るととても快適。

うちでは、トラックボールという特殊なマウスを最近購入した。これのおかげで、寝ながらでも、ひざの上でもマウスが使える。

癖はあるけど、慣れたらとても快適なマウス。

(壊れやすいらしいので保証書を無くさないように。3年の間なら交換してもらえる)

 

そして、DTMをやらない人であれば、「モニター台」を購入しよう。

ディスプレイの下に置く台だ。

こうすることで、モニターの下にキーボードを仕舞える。パソコンを使わないときは、机のスペースをできるかぎり活用できるというわけだ。

うちはMIDIコンがあるからできないけど、できる人ならとても快適になるのがわかると思う。

市販されてるなら、キーボードカバーもつけるといい。キーボードが綺麗だと、いらなくなったとき売れる。

パソコン作業が多い人はデュアルモニターも……ってどんどん一人暮らし関係なくなってきた。

 

とりあえず、これで作業スペースと書類スペースを作れる。

 

もしもノートパソコンの場合、筆者なら間違いなくこれを買う。

item.rakuten.co.jp

 

まったく必要ではないが。

 

 

とりあえず、計画的に買ったほうがいいのは間違いない。

あんまり考えずに家具を買おうとしている人たちが後悔しないために、この記事をアップさせていただく。

 

 

おわり。

 

 

 

 

 

おまけ

 

一人暮らしをする際に……

 

◆モテるためのもの(女を呼びまくりたい人むけ)

 

☆お香・アロマキャンドル

こういうのを日常から取り入れている男性に、女性はなんとなくいいと思ってしまうところがある。

シンパシーを覚えやすいのだろうか?

 

女っていうのは、どうしてそんなにオシャレ感を大事にするのかと思ったことがないだろうか。

オシャレだけど値段に不釣合いな味の食事や、オシャレだけど実用性のないものを追い求める世の女性を見て、疑問に思ったことはないだろうか。

アロマキャンドル? 火なんかつけてどうなるの。と思うかもしれない。

 

ぶっちゃけて言おう。

 

女は、他の女に彼氏を自慢したい

 

のだ。

 

すごい美味しいラーメン屋に連れて行ってもらっても、女同士だと「えぇ?ラーメン?」ってなる。

でも、すごくオシャレなレストランなら、「オシャレだね!」となる。たとえ味が悪くても、見た目がいい感じなら自慢できる。

そういうツマラン生き物なのだ、女ってのは。もちろんそうじゃない人もいる。

 

が、本当なら、みんなに自慢できるようなところに連れて行ってもらって、SNSに写真を載せて、イイネをつけられたい……つけられたいと思っているのだ。

そして、「いい彼氏じゃん!」と思われたい。そうすることで、あわよくば、自分の価値が上がっているかのように錯覚したい。

 

ツマラン生き物ですね。はい。まったくその通りでございます。

 

筆者だって、オシャレな所に連れてってもらうと嬉しいさ!!

それでも筆者が男性にオシャレさを求めてないのは、そもそも男がムードとか雰囲気とかが苦手な生き物だと理解してるからだ。

オシャレな男は女慣れしてることが多く、個人的にあんまりタイプじゃない。

たまに素でオシャレな人もいる。女子力負けた感がすごい。

 

☆かわいいペットを飼う

「うちハムスター飼ってるんだけど見に来ない?」という文句で異性を呼ぶという不届きな方法。

ペットは命です。大事に責任を持って飼いましょう。

 

 

☆デザートの作り方をマスターする

「チーズケーキ作りすぎちゃったんだけど、食べきれないからうち来ない?」という文句で異性を呼ぶという不届きな方法。

食べにこないと捨ててしまう予定だと伝えると良い。女は「しょうがない」にひたすら流される生き物。

イチゴも出してくれると嬉しい。

自分で買うと高いけど、人に出すにはちょうどいいイチゴ。

 

☆家庭用プラネタリウム

item.rakuten.co.jp

こういうので女を喜ばせよう。

え?そこまで持っていくのが大変?それは知らん。

少女漫画でも読んで研究するべし。

 

◆逆パターン(男を呼びたい場合)

 

☆パソコンの設定がわからないと言う

インターネットの設定や、パソコンの設定をしてもらう。

特に何もなければ、「グラフィックボードを増設したい」「パソコンの掃除の仕方がわからない」等なんでもいいから理由を作る。

しかし、パソコンの設定が得意な男は、女性の取り扱いが下手な可能性が高い。

っていうか、パソコン作業が楽しくて女が置いてけぼりになるのだと思う。

期待は禁物。

 

☆飯を食わす

あんまりオシャレなご飯を作っても男にはよくわからないので、ハンバーグとか味噌汁とか、から揚げとか出汁巻きとか、カレーとかシチューとか、そのへんを極めたほうがいいと思う。

筆者の第六感には、焼肉のたれを上手く使えば男心に響くのではないかというお告げが降ってきた。

張り切って買出しにいくより、冷蔵庫にあるものを上手く作れるように頑張ろう。背伸びした状態で好きになられても、後で大変。

 

☆強引に呼ぶ

草食っぽい人が増えている。はっきり言わないとわからんらしい。

ヤングジャンプのラブコメでも読んで研究しよう。

 

☆終電に間に合わないように調整する

簡単。時間にだらしないと思われるけど、「一緒にいたかったから」とか適当なことを言ってごまかす。

 

☆ホラー映画を見る

「一人で見るのが怖い」とか適当なことを言って部屋に呼ぶ。

 

☆とりあえずなんか教えてもらう

教えてもらうという下手に出る行為により、男性のプライドも満たすことができ、自分の知識もつく。

相手の好きな分野に興味を持っているというアピールにより、相手もうれしいはず。たぶん。

 

 

適当に書いてたけど、よく考えたら、筆者は一人暮らしを始めたときからずっと同じ人と付き合ってるため、後半ほとんど妄想だということに気づいた。浮気もしてないし。

前半は知らん。

 

なお、同性同士の場合は筆者の知識不足により、よくわからない。

詳しい人は教えて欲しい。

 

 

真のおわり。