←↓↑→BjeLeFcleu←↑↓→

スピリチュアルとか、絵とか、音楽とか、ゲームとかの話。基本的に作る人視点。マニア向け。

肉体(エゴ)と魂に会話させる

最近、肉体と魂を完全に分離して認識することに成功したので、会話させてみようと試みる。

これはあくまで、自分と、わけのわからないものを探している人用の記録である。

読みにくいとかいう苦情はその辺の砂場で書いてろ。

**

 

自分用メモがわりの自己紹介

・エゴ

人間界に適応するために、肉体が作ってくれた性格。

見分け方→文体がまじめっぽい・まともっぽい・偏屈っぽい

よくわかんない哲学者っぽいことを言っていたら大体肉体のほうが喋っている。

 

現世での経験と、肉体&脳の記憶が人格を形成している。

高圧的でときどき喧嘩腰。衝突を恐れない。分析思考に優れる。

精神的負荷への耐久性が比較的弱いため、やりたくないことに対し体が動きにくい。(慣れの問題かも)

ほとんどの人間が嫌いで、かなりの面倒くさがり。

まともっぽく見られて魂がよく困っている。エゴのマイナーチェンジ希望!

 

あまり人に言えない類のサブカルが好き。

魂と芸術の趣味がかなり違う。

 

・魂

本来の自分の魂。

やっほ~~!!自分かわいい~~!!おもしろ~い!!とずっと思っている。

基本的に何もかも大雑把で雑。興味のあることしかできない。

後片付けや理論的思考、物質的なことをするのが苦手。責任感がない。楽しければいいと思っているらしい。

すぐ人を口説く。みんな大好き!!みんなと会話した~い!!う~~~~~!!!!!って言ってる。(アホ丸出し)

倫理的な価値観から嘘が嫌いなのかと思っていたが、実際のところ、アホすぎて「嘘をつく」という行為の意味がよくわからないようだ。

現実世界ではめったに出てこない性格。

 

 

魂:けっきょく何はなせばいいのおしえて~~~

エゴ:こういう別々の人格があるということ。

魂:じゃあそれについて書いたらいいの?

エゴ:そういうことになる。エゴとは、肉体の記憶。脳・肉体だ。そして、魂は本来の自分。

簡単なたとえだと、エゴは車で魂は運転手というのがわかりやすい。

魂:わたしが乗ってるわけね!!!

エゴ:こういう魂を制御するために、それ専用の機能をつけてある。

魂:必要だからあるってことだよね~~。おもしろ~

エゴ:こいつは見てのとおり魂がアホすぎて、どんなことでもやりかねない。このままだと人間界では生きていけん。

なので、肉体の性格で、恐怖心を強くしてある。

恐怖を強くすることで、論理的思考が発達する。

冷静さとは、未来への恐怖から来ているからな。

魂:たしかに、今思うとあったほうがいいかも~~人間こわいし!!

エゴ:まあ、いろんな人がいるから。

魂:そだよねぇ~。わかってるんだけどねえ~でも勿体無いよね~~。

エゴ:素直になった結果滅ぼされたという記憶が、人類の集合無意識に強く書かれているようだ。だから素直になる=身が危ないという風に本能で感じてしまう人が多いようだ。

魂:それ重要じゃないの?

エゴ:結構。

魂:どしたらいいの?

エゴ:ほっとけ

魂:なにそれ。

エゴ:お前にできることなんかないよ。

魂:そっかー。みんなそうしたいなら、ほっとくしかないよね!!

エゴ:うむ。自分の問題と他者の問題を混同してはいけない。

魂:へんなの~~~。ま、いっか。

 

Q.魂と肉体の性格が違いすぎるのはどうして?

 

エゴ:こっちの性格は、幼いころの環境でできた部分が大きいんだ。人を信用してはいけないということを刷り込まれてるんだ。

魂:わたしもこんな風になっちゃうんだね~!!

エゴ:だからこういう性格になった。地球では、なんでも好意的にしていればいいわけじゃないということを覚えるためにな。危険な人物もたくさんいるということを覚えるんだ。

エゴの性格には必ず理由があるぞ。改善は可能だ。

魂:ふーん

エゴ:だから、それさえわかれば、トラウマとかそういうのにも向き合える。トラウマは、いやなことを二度と起こさないためにあるんだ。

魂:へーー!あ、もしかしてこれって肉体の知性なのかな?

エゴ:そういうこと。

魂:へーーーー

 

 

この二人はどうも私の意識とは違うもののようだ。

肉体には肉体の性格があり、魂とはまた別。

さらに、脳の意識があるようだ。脳の意識は比較的肉体寄りだが、肉体の起こす反応を、観察できる程度の冷静さを持っている様子。

 

テンプレ

 

エゴ:

魂:

エゴ:

魂: