←↓↑→BjeLeFcleu←↑↓→

スピリチュアルとか、絵とか、音楽とか、ゲームとかの話。基本的に作る人視点。マニア向け。

メンタルヘルスを治そうとすること全般の話 その1(うつについて)

ども。

 

私は、お医者さんに双極性障害だと診断されてます。

いちおう「メンヘラ」のくくりなので、私はメンヘラだ、と言うことがあります。

 

すると、「いや、あなたはメンヘラじゃない!!まともだ!!」とか言われて非常にめんどくさいのですが、たぶん卑下してると思われたのでしょう。

芸術家がメンヘラなんてメリットしかないと思っているので、齟齬が起きました。

私の好きなアーティストはほとんどメンヘラだし、全く無問題です。

 

まあ、たしかに、メンヘラの中ではマトモなのかもしれません。

 

どの時期にどうなるか、何があると落ち込むか、何をすると悪化するか、だいたいのことは把握しています。

把握しているからいちいち焦らないだけで、把握していなかったら、普通のメンヘラと同じように、ただ漠然と「死にたい……」と言っているでしょう。昔の私のように。

 

でも、マトモがかえって異常だということもあるのです。

 

 

双極性障害は非常に寛解が難しいと言われているんですが、「それって脳が大多数と違うだけじゃねーの」と思っています。

社会の支配下に置けない人間を、異常だという風潮にしたいようですが、それもそろそろ難しくなってくるでしょう。

 

私にとっては健常者のほうが異常に見えるときがあります。

お世辞を毎日言い続けても、精神を病まない人はいったいどうなっているんだろうか、とか。

 

最近「メンヘラ」という言葉をだれでも使うようになっているので、先にきちんと単語の意味をすり合わせておきたいなと思っています。

 

あくまで私個人の見解ではこんな感じ。経験則。

 

うつ→やりたくないことのやりすぎ、頑張りすぎ、自分の本音を無視しすぎ

躁鬱→生まれつきの脳と脳内麻薬の出方が違う(抗鬱剤が禁忌。鬱とは全く違う性質)

自閉症→生まれつきの脳の発達が違う(医者が勝手にメンヘル認定してる)

境界性人格障害→「愛されて当たり前のはずなのに」という価値観が生んだ後天的性格

自己愛人格障害→自尊心がアンビバレンスになってしまった人。DV傾向

共依存→自分の価値を見出せずに、自尊心がなくなった人。常識人が多い

統合失調症→個人的には霊界と近すぎるだけだと思うんだけど……まじめな人が多い

 

まあ、あくまで「私が」見て思ったことなので、正しいことを書いてるつもりはありません。

 

で、このなかで「メンヘラ」というと、最近は境界性人格障害(ボーダー)を指すことが多いみたいです。

なぜかというと、最も目立つからだと思います。

 

ボーダーの女の子は皆可愛い。男のツボをわかっている。

パッと見社交的で(自分というものを何も持っていないせいか)とても透明感があるように見える。

そのくせ仲良くなると破壊作用がめちゃくちゃ強い。

 

メンヘルの中で最も目立ちます。

 

まあ、でも、精神っていうよりは性格だと思う。これは。

 

 

まあ、そんな感じで、大体今まで出会ったメンヘルの方々はこういう感じなんですが、メンヘルを治したい人っていっぱいいると思います。

 

ぶっちゃけ治したいと思わないほうが、良くなりやすいらしいのですが(某神様談)治したくなるのが人情でしょう。

つらいし。

私は治そうとは思いません。

ただ、「自分に何が起こってるのか知る」というだけで、症状が出ても、どうでもよくなります。

 

うつ状態との関わり方

なぜか突然起き上がれなくなったり、着替えができなくなったりします。

すると、自然と「なんでできないんだろう」って思ってしまいます。

 

うつを治す方法みたいなのを読むと、だいたい「自分を許しなさい」とか「自分を褒めなさい」とか書いてますが、この表記はよくないですね。

うつ状態の人がそれを読むと、「しなくちゃいけない」→「できないから駄目なんだ」というスパイラルに入るので、無理しなくていいです。

 

私がお勧めするのは、自分の本音を探すという方法です。

世の中の人々は、当たり前のように毎日同じ場所にいって、長い時間働いたりしていますが、「それができて当たり前」なんてことはありません。

向き不向きがあります。

 

世間一般で言われている常識は、徹底的に疑ってみる価値があります。

「なぜ、そういう風潮が作られたのか」という目線から見ると面白いです。

 

鬱を治すためによく言われている、「やりたくないことはやらない」という行為は、周りの迷惑になるのではないか。そう考える人もいます。

しかし、そういう風に生きてみると、似た価値観の人しか寄ってこなくなるのです。

(それに、鬱の人はそもそも「何をやりたくないのかすらわからない」ことが多いです)

そして、やりたくないことをやらないようにすると、自分の得意分野もわかってきます。

 

あと、認知療法のアプリも役に立ちます。

ただ、「気が向いたとき」にしかやらないようにしてください。

「治さなきゃいけない」というふうに考えるのはどうしてか、よく考えて見てください。

「日本で生きる」だけが目的であれば、治さなくてもなんとかなります。それなのに、「●●しなきゃいけない」がいくつあるか数えてみましょう。

 

 

つづく